英国式と台湾式の違いって?

ゆるりらたいむでは英国式リフレクソロジーを行っています。
リフレクソロジー
「フットマッサージにはイロイロあるけど何がどう違うの?」との質問がありましたので、お答えしますね。

よく見かける足裏の「反射区」です。ご存知の方も多いですよね。

こちらは足の甲と外側と内側、ふくらはぎの反射区です。

全身に対応する反射区が足に集中しているのがわかりますか?

どこが何のポイントなのかを覚えるのは大変なので、まんべんなく「触る」だけでも効果があります。

このポイントを「オイルを塗り指の関節や棒でグリグリ痛キモ刺激」が台湾式と言われています。

終わったあとは痛みに耐えた自分に「これで良くなる」と納得する方。

主に男性向きとされています。

これに対し英国式は「パウダー入りジェル塗り、指の腹を密着させて滑らせたり優しくプレス」します。

女性や高齢者向きとされています。

痛くないのでウトウト眠ってしまい「物足りない」と思う方が多いです。

しかし「眠っている」段階でリラクゼーション効果が出ています。

終わったあともポカポカに体が温まっていますし、その後の代謝も良くなり体調の変化に気づくはずです。

好みのタイプでストレスを取るのが一番ですよ。